【サンダーバード昭和プラモデル 1】TB2号&サンダーバード秘密基地の思い出

※画像はイメージです

【サンダーバード2号】は外せない昭和プラモデル!

前回は『帰ってきたウルトラマン』プラモデルのお話でしたけども、我々昭和世代のプラモデルで忘れてならないのは、やっぱり

『サンダーバード』メカ

でしょうかね~。(映画『サンダーバード6号』のお話はこちらです)

 

時代的に、『帰ってきたウルトラマン』の少し前でしょうかね、サンダーバード・プラモが全国を席巻したのは。

なので、1960年代終わりごろだったでしょうか。

 

タメゴロー
タメゴロー

そのなかでも、TB(サンダーバード)2号は、特に昭和少年の心をくすぐった、外せないアイテムかも知れませんね~。

 

コンテナに救助メカを積んで現場へ急行!ってのは、毎回の『サンダーバード』劇中でも大きな見せ場でしたものね。

あの頃の昭和少年なら、誰でもワクワクしたんじゃないでしょうかね~。

 

今にして思うと、『サンダーバード』っていう番組は、敵とのバトル中心じゃなくって、災害での人命救助が中心ってのが異色だったし、よかったんじゃないかな~と思いますね。

要は、「人助け」

 

このへんに、いわば義理人情に厚くて涙もろい江戸っ子を感じるわけですよね、昭和世代としては。

「バーロぃ・・・。(グスン)目にゴミが入ったんでぇ」みたいな。←そうか? ^^;

 

「国際救助隊」(オリジナル版では「International Rescue」)っていう日本語ネーミングも、実にカッコよかったと思います。

それにしても、今見てもめっちゃカッコえっすなあ~TB2号!!!

 

タメゴロー
タメゴロー

しかも今は、『新世紀合金 サンダーバード2号』なるものが! こりゃ、大人買いするっきゃないっすなあ~♪

 

 

【サンダーバード秘密基地】は垂涎の的だった!

私もご多分に漏れず、作りましたね~、サンダーバード2号のプラモデルは。

当時のプラモも、いくつかバリエーションがあった気がしますね。

 

たしか、当時のことなので、一番値段の手ごろな2号を買ったんじゃないですかねえ。

プラモもちゃんと救助メカをコンテナに収容できて、そりゃも~大騒ぎだった気がしますね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

あとは、やっぱり「サンダーバード秘密基地」でしょうかね~。

これも、やっと買ってもらった記憶があるんですよね。

 

「秘密基地」と聞けば、男子にはたまらないわけでして(理由はわからない)。

当時はまさに、垂涎の的のプラモだったんじゃないですかね~。

とにかく「Oh! モーレツ」にゴージャスで。

 

買ってもらったのは、クリスマス・プレゼントでかな~、ひょっとすると。

なにしろ、「サンダーバード秘密基地」は、値段的に高嶺の花だったはずですからね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

いや~、今見ても、当時のワクワクが蘇ってきますねえ。

【追記】当ツイッターのフォロワーさんの言によると、『サンダーバード秘密基地』は当時お年玉で買い、値段は3,000円前後だった気がするとのことでした。当時の子どもの3,000円はデカいですよねえ。

◆ヤフオク【昭和レトロ】◆

タメゴローに励ましのコメントを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました