【600万ドルの男とバイオニックジェミー】サイボーグ危機一髪の昭和【2】

※画像はイメージです

【600万ドルの男】は、『007』ばりの「色男」だった!

当ツイッターのフォロワーさんから・・・

 

600万ドルの男は、最初は「007」のような色男の設定だったと思います。

 

というお話がありまして。

リー・メジャースのスティーブ・オースチンが美女に囲まれたスチール写真があったはず、ということでした。

最初期にはベッドシーンもあったのでは、というお話でした。

 

タメゴロー
タメゴロー

そしたらですね、下のリンクのような写真が見つかりました~。

 

 

たしかにおっしゃる通り、ショーン・コネリージェームズ・ボンドを演じる007ばりの色男っぽいスチールですね~。

 

いわれてみると、若いころのショーン・コネリーとリー・メジャースは雰囲気が似てた気もしますから、もともと『600万ドルの男』には、「SF版007」のような意図があったのかもですね。

007が、元宇宙飛行士のサイボーグってのもお話としてはアリですもんね~。

 

ただ、上のフォロワーさんによれば、『600万ドルの男』の人気上昇とともに、リー・メジャースが演じるスティーブ・オースチンが子どもたちのヒーローになってしまい、「色男」設定はナシになったとか。

敵を殺さない、というストーリー展開にもなっていったというお話でした~。

 

タメゴロー
タメゴロー

つまりは、「憎むな、殺すな、赦(ゆる)しましょう」という月光仮面のようになっていったということですね~。←テキトーいってます

 

【地上最強の美女バイオニック・ジェミー】がスピンオフ!

『600万ドルの男』は本国アメリカでも人気シリーズだったようですが、日本でも人気を博して、かなり長期間放送していましたね。

 

で、『600万ドルの男』の中のエピソードで、スティーブの恋人ジェミー・ソマーズが、スカイダイビング中の事故で瀕死の重傷を負ったのちにサイボーグとして復活する話が、スピンオフして

『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』

としてシリーズ化されたんですよね(日本での放映は1977~78年)。

 

 

またまた「危機一髪」「大作戦」に次いで、今度は「地上最強」ですからね~。^^

ンも~昭和のネーミングったら、ス・テ・キ♪

 

 

『バイオニック・ジェミー』は、本国では『600万ドルの男』を凌ぐ人気になったらしいですが、これも日本でも結構長期間放送されましたね。

 

タメゴロー
タメゴロー

私はどっちも観てたし、『バイオニック・ジェミー』の主演女優リンゼイ・ワグナーは、キュートでチャーミングでしたよね~。

 

リンゼイ・ワグナーは、『バイオニック・ジェミー』で1977年にエミー賞主演女優賞を受賞なさったそうです。

私は『600万ドルの男』のハードなストーリー展開の方が好きだったな~。

私にとっては、広川太一郎さんのお声とともに記憶に蘇るシリーズですねえ、いまだに。

 

『謎の円盤UFO』のストレイカー司令官(エド・ビショップ)もそうですけど、本国バージョンでご本人の声を聴くと、逆に違和感がありますもんね。

やっぱりわれわれ昭和世代日本人には、エド・ビショップもリー・メジャースも、声は広川太一郎でないと、ですね~。^^

 

ロジャー・ムーアもですね。

 

おっしゃる通りです~。

スティーブ・オースチンを演じたリー・メジャースさんは、現在81歳、ジェミーを演じたリンゼイ・ワグナーさんは現在71歳だそうです。

お二人とも、お元気でいてほしいものですね。

 

 

タメゴロー
タメゴロー

というワケで、『600万ドルの男』『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』のお話でした! 次回もまた、モア・ベターよ♪

 

◆ヤフオク【昭和レトロ】◆

タメゴローに励ましのコメントを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました