【宇宙戦艦ヤマト(’74)】昭和プラモ【1】: ゼンマイ走行だったヤマト!

※画像はイメージです

【宇宙戦艦ヤマト】の昭和プラモは、はじめゼンマイ走行だった!

われわれ昭和世代で一世を風靡したプラモっていうと、いわずと知れた
宇宙戦艦ヤマト
もありますね~。

 

いや、ガンプラももちろんありましたけど、時代的に少しあとだったんですよね、ガンプラが出たのは。

で~、宇宙戦艦ヤマトですけど、1974年のTVアニメ第一作

この放映中に発売されたプラモデルがあったんですよね~バンダイから。

 

タメゴロー
タメゴロー

んでもって、これが、なーんとなんと・・・

ゼンマイ走行

だったんですよね~。

 

ヤマトにタイヤがついてて、ゼンマイ巻いて走らせるという逸品(?)でして。

つまり、艦底に突き出てる構造物(第三艦橋)は完全に影も形もなく…

タイヤが。

 

今じゃ考えられんでしょうけどね~。

これはないだろう、ってのが、当時の正直な思いでしたね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

下のプラモは、2199版じゃないやつです。「EXモデル」は、早めの購入が吉かもです。

【宇宙戦艦ヤマト】昭和プラモは、タイヤが付いてた!

まあ~アニメだ特撮だは、あくまでも「子どものもの」っていう社会的認識が当時はあったわけでして。

『宇宙戦艦ヤマト』も例外でなく・・・。

無理もないっちゃ~無理もないんですが…これじゃ、あんまりだよなあ、と(苦笑)。

 

当時は、タミヤなどの大人向けのプラモは別として、子ども向けには「ディスプレイ・モデル」みたいな概念もなかったんだと思いますね~。

「アニメ作品→子ども向け→走った方が喜ぶ→タイヤ付きゼンマイ走行」ってことだったんでしょうねえ。^^;

 

タメゴロー
タメゴロー

あれには、あっと驚きました~。

 

たしかですね~、ヤマトの艦体も妙に青々した成型色で。

重量感もなにもありゃしない。

 

しかも、タイヤまでついてるっていう…

逸品ですよ~、これは。

 

当時、あれが子どもにどれだけ売れたのかなあ~。

なにせ、『宇宙戦艦ヤマト』の番組自体が低視聴率で短縮・打ち切りになったわけですからね、最初の本放送の時は。

 

タメゴロー
タメゴロー

宇宙戦艦ヤマト・プラモも推して知るべし、でしょうね~。


 

◆ヤフオク【昭和レトロ】◆

タメゴローに励ましのコメントを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました