【パックインミュージック】ナッチャコパック(野沢那智&白石冬美)【1】

【金曜パック】は、【深夜放送ブーム】の中で燦然と輝いていた!

深夜放送のラジオは、1970年代から80年代前半くらいにかけてブームだったと思うんですけどね。

私のまわりの連中は、たいていニッポン放送の『オールナイトニッポン』または文化放送の『セイ!ヤング』(泣かせるタイトルだなあ、これも。「ヤング」ですよ!)を聴いてる、といってました。

 

私はといえば、そのラインでいうなら、TBSラジオの

『パックインミュージック』

でした。

 

『パックインミュージック』の中でも、金曜日の通称『ナチチャコパック』がお気に入りでした。

声優の野沢那智さんと白石冬美さんがパーソナリティーで、『金曜パック』とか『金パ』とも呼ばれてましたね。

 

 

ちなみに、私も「ナッチャコ」だとずっと思っていたところ、「ナチチャコ」が正式な略し方のようです。「ナッチャコ」で認識している方が多いようなので、記事のタイトルはそちらにしてあります。

 

パックインミュージックは、それぞれ曜日によって違うパーソナリティーが担当で。

私が聴いていた頃は、火曜から土曜まで、深夜1:00~3:00の放送でしたね。

私はなぜか、金曜パックがテイストに合いました。

 

タメゴロー
タメゴロー

そういう人も多いんじゃないでしょうかね~。

 

 

【野沢那智&白石冬美】は永遠の名コンビ!

オープニングの

「TBSラジオ954キロヘルツ。パックインミュージック」

の明るい女声タイトルコールまで、耳に蘇りますね。

 

どういう経緯で聴き始めたのかは、パックインミュージックに関しては記憶にないんですよね。

気が付いたら聴いてたという。

誰かが聴いてたとか勧められたわけじゃないんですけど。

 

「え~、ごきげんいかがでございますか? 野沢那智です」

「チャコこと、白石冬美です」…

 

金曜パックは、野沢さんと白石さん、お二人の声で陽気にはじまる番組でしたね。

 

タメゴロー
タメゴロー

金曜パックは、とにかく野沢さんと白石さんのおしゃべりやリスナーからのお便りが、楽しかったですねえ。

 

家族が寝静まったあと、自分の部屋で、机の上に開いた参考書そっちのけで、一人で抱腹絶倒してた記憶があります。

 

内容も、硬軟さまざまで。

メチャクチャおバカな話題で大笑いもすれば、シリアスな、考えさせられるような話題までね。

 

たぶん、今だったら、そういうシリアスな話題はリスナーから敬遠されかねないし、そういう番組自体成立しないかもですねえ。

 

作り手と聴き手の信頼関係あればこその番組だったのかも、という気もします。

 

タメゴロー
タメゴロー

作り手と聴き手の距離が、今よりずっと近かったのかもしれませんね!

 

 

◆ヤフオク【昭和レトロ】◆

タメゴローに励ましのコメントを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました