【名曲喫茶】渋谷「ライオン」新宿「らんぶる」が今も健在!昭和の寛ぎ異空間

※画像はイメージです

昭和の【名曲喫茶】は最高の憩いの場だった!

懐かしい銭湯の思い出に浸ったついでに、いつもながら何の脈絡もないですが、昭和の

「名曲喫茶」

のお話をしましょうか。

 

 

タメゴロー
タメゴロー

上の画像は、今も残る渋谷の名曲喫茶「ライオン」(昭和元年創業)の店内だそうです(記事の最後参照)。

 

 

こうした名曲喫茶っていうのが、都内に結構あったんですよね~、1980年代くらいまででしょうかね。

 

名曲喫茶っていうのは、名曲レコードがかかってる喫茶店ですね、ごく簡単にいえば。

「名曲喫茶」っていう場合はクラシックがもっぱらで、ジャズはまた別に「ジャズ喫茶」だったんだと思うんですが・・・。

 

タメゴロー
タメゴロー

も~、昭和の名曲喫茶がですねえ~最高の憩いの場でしたねえ。

 

昭和の【名曲喫茶】で楽しむ一杯のコーヒーと名曲

昭和の名曲喫茶は、レコードで聴くクラシックに耳を傾けながら一杯のコーヒーでくつろげる異空間が、もう、

超絶的至福

でしたね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

喫茶店自体も、なんというか、雰囲気があってですねえ。下の画像は、今も残る新宿の名曲喫茶「らんぶる」の店内だそうです(記事の最後参照)。

 

 

 

いかにもシブい感じなんですよね~、見た目も雰囲気も佇まいも。

この辺は、今一般的になったチェーンのカフェとは全く違いますよね。

 

まあ、昭和の喫茶店全般にいえることだと思いますけども、どの喫茶店も確たる心地よさを提供してましたよね~、昭和の喫茶店は。

 

タメゴロー
タメゴロー

お店の規模にかかわらず、でしたよね。

 

私が行った昭和の【名曲喫茶】

渋谷【らんぶる】

私がよく行ったのは、もう大学生だったけど、渋谷にも

「らんぶる」

っていう名曲喫茶があって。

 

そこに一時期よく行ってましたね~。

友だちとだったり、一人だったりですね。

 

タメゴロー
タメゴロー

当時の彼女とも行った覚えがあります。

 

で、クラシック聴きながら、コーヒー飲んで、本読んでって感じで。

大学の勉強もしましたね~。

あれは至福の時間だったなあ。

 

渋谷のらんぶるは、今の渋谷109-2(今はメンズ館っていうんですかね)だったと思いますね、場所的には。

戦後すぐに建ったかのような、ボロボロでツタが絡まった何階建てかの古い建物でした。

 

フロアとフロアの間にも、中2階みたいな小フロアがあったと思うんですよね。

だから、席数が結構あったんじゃないかな~と思います。

 

タメゴロー
タメゴロー

薄暗い店内が、クラシックとコーヒーに、これまたマッチしてましたねえ。

 

【2021年7月追記】青山通氏のツイートより↓↓↓

よく見つけましたねえ。すごい!

 

高田馬場にもあった【らんぶる】

「らんぶる」っていう名前の名曲喫茶は結構あったんじゃないですかねえ、昭和の当時は。

英語のramble(逍遥)でしょうかね(rumbleは「(おなかとか雷が)鳴る」ですから違うでしょう)。

 

【2021年1月追記】今回新宿「らんぶる」さんの画像(記事の最後参照)で、仏語「l’ambre」だとわかりました! 英語でいうと「the amber」で、「琥珀」なんですね!

 

タメゴロー
タメゴロー

で、高田馬場にもこれまた一件「らんぶる」があって。


早稲田通りの、映画館・早稲田松竹さんを過ぎて明治通りと交差する(高田馬場駅から見て)手前でした。

高田馬場「らんぶる」は当時からボロボロの外観で、やってるのかどうかも定かじゃない様子でしたが、今はなくなっちゃいましたね~。

 

下の画像が高田馬場の「らんぶる」です。

建物自体は、もとはイイ感じの建物だったんじゃないかと思います。

 

 

漫画家のつげ義春さんは一時「高田馬場のらんぶる」に通ったそうですが、ここだったんじゃないでしょうかね。

ここはたしか30代か40代に、「怖いもの見たさ」みたいな感じで、一人で入ってみましたが・・・。

 

カウンターにレコードが山積みになってて、ちょっとゴミ屋敷のような感じでしたねえ。

すえたような臭いが店内に立ち込めてて、コーヒーも美味しくなかったし、曲もかかってなかったと思います・・・。

 

かつては早稲田の若い男女学生のたまり場だったんでしょうけど、かなり残念なことになってましたね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

入る客もいないようで、やがてなくなってしまいましたが。

 

高田馬場【あらえびす】

あと、学生の街・高田馬場には

「あらえびす」

っていう名曲喫茶もありました。

 

ここもよかったんですけど、残念ながら閉店しましたね。

 

タメゴロー
タメゴロー

場所は確か、映画館・早稲田松竹のあたりじゃなかったかなあ。

 

ここは新しいビルの2Fフロアでしたね。

ある日行ってみると、お店が閉まっていて、張り紙がしてあって。

 

「閉店します。疲れました・・・」のような内容で、めっちゃ残念でしたね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

たぶん1990年代じゃなかったかと思うんですが、やはり「昭和」が終わってしまった時代だったんですかね~。

 

今も残る昭和の【名曲喫茶】渋谷「ライオン」・新宿「らんぶる」

昭和の名曲喫茶のコンセプトってうのは、結局、かつてはレコードとかオーディオとかが高嶺の花だった時代があったわけですよね。

そんな中で、みんなにレコード聴かせてあげようと。

 

美味しい本格コーヒー飲みながら、音楽聴きながら寛いでもらおうってことでしょうね。

 

タメゴロー
タメゴロー

素晴らしい、愛あるコンセプトじゃないでしょうかね~。

 

嬉しいことに、渋谷の「ライオン」さんや新宿の「らんぶる」さんといった昭和の名曲喫茶が今も健在とのことです。

下の画像は、渋谷「ライオン」(昭和元年創業)新宿「らんぶる」の外観だそうで、昭和好きにはたまりませんね~これは。

あのくつろぎ空間が今も味わえるのは、実に嬉しい限りですね~♪

 

名曲喫茶ライオン

 

名曲・珈琲 新宿 らんぶる

 

タメゴロー
タメゴロー

というワケで、懐かしの昭和「名曲喫茶」のお話でした! 次回もまた、モア・ベターよ♪

 

【ジャズ喫茶・ジャズバー】高田馬場「イントロ」などの昭和・平成の思い出!
【ジャズ喫茶】も、昭和の懐かしい「喫茶」バリエーション! 名曲喫茶、歌声喫茶とともに、 「ジャズ喫茶」 も昭和の懐かしい喫茶バリエーションじゃないですかね~。 名曲喫茶っていう場合は、クラシックがフィーチャー...
【歌声喫茶】新宿「ともしび」に代表される昭和喫茶は、みんなの灯だった!
【歌声喫茶】は、みんなで歌を歌う昭和喫茶だった! 昭和の時代には、「名曲喫茶」「ジャズ喫茶」のほかに、 「歌声喫茶」 っていうのもありましたよね~。 まあ、昭和当時はいろんな喫茶があったわけですけどもね。 ...

 


◆ヤフオク【昭和レトロ】◆

タメゴローに励ましのコメントを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました