FM東京【城達也 JET STREAM/ジェットストリーム】日本航空/JALの”音楽の定期便”[2]

※画像はイメージです

「わたしのレコード・アルバム」の時間がやってまいりました

『JET STREAM』には、機内アナウンスっぽい「ピンポンパンポ~ン♪」っていうジングル(チャイム)ではじまる

「わたしのレコード・アルバム」

のコーナーもありましたね!

 

「(ピンポンパンポ~ン♪)『わたしのレコード・アルバム』の時間がやってまいりました。

今、パリは午後△時。

昼下がりのシャンゼリゼを歩くパリジェンヌの耳にも、この、同じ曲が聞こえているかもしれません」

(※セリフはテキトーです)

 

みたいな、旅情やエキゾチズム溢れるナレーションが城達也さんによって語られて、曲がはじまるわけですよ。

まあ、同じくイージー・リスニング曲なんですけどね、このコーナーも。

 

タメゴロー
タメゴロー

「~の耳にも、この同じ曲が聞こえているかもしれません」っていうとこは毎回同じなんですが。

 

舞台が、たとえばニューヨークのマデイソン・スクエア・ガーデンだったり、どことかで恋を語らう恋人たちの耳にも~だったり、毎回変わるのが楽しかったですね。

 

【JET STREAM】は、城達也さんの「美しい」ナレーションが秀逸

まあ~とにかく、『JET STREAM』は、城達也さんの冒頭のナレーションが感激モノですよね~。

「音楽の定期便」とか「皆様の夜間飛行のお供をいたしますパイロットは」とか、ほんとに飛行機で夜間飛行中のような気さえしたもんです~。

 

まさに詩情溢れる名ナレーションでしたよね。

使われてる日本語が美しいのも特徴じゃないですかねえ、この頃の番組って。

 

タメゴロー
タメゴロー

「夜のしじま」とか「饒舌」とかの言葉も、このナレーションではじめて知りました~。

 

国語辞典(三省堂・金田一京助編)引いたのを憶えてますねえ。(笑)

 

まさしく「光と影の境に消えていった 遥かな地平線も 瞼に浮かんで」くるようなナレーションが、城さんのお声と実にマッチしてましたねえ。

あと、お声の良さはもちろんなんですが、城さんの間の取り方も絶妙なんですよねえ。

 

『JET STREAM』は、当然、当時エア・チェックしまくってましたね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

『JET STREAM』を聴きながら眠りにつくのも至福でした~♪ ^^

 

【JET STREAM】EDナレーションとともに・・・

私が『JET STREAM』を聴きはじめた頃は、エンディングもオープニングと同じく『ミスター・ロンリー』だった記憶があるんですけど、しばらく経ってから、エンディングは別の曲になりました。

『夜間飛行』、のちには『夢幻飛行』という曲になったようです~。

 

タメゴロー
タメゴロー

私は城達也さんの時代しか聴いてませんけど、今もやってるんですよねえ、『JET STREAM』。

 

そのうち、また聴いてみよう♪

では、城達也さんによるエンディング・ナレーションとともに、『JET STREAM』のお話を終わりたいと思います~。

 

「夜間飛行の ジェット機の翼に点滅するランプは

遠ざかるにつれ 次第に星の瞬きと 区別がつかなくなります。


お聴きいただいております この音楽が

美しく あなたの夢に 溶け込んでいきますように…」

(JET STREAM エンディング・ナレーション by 城達也)

 

というワケで、FM東京『JET STREAM(城達也)』のお話でした!

「JET STREAMなら、こんな思い出あるよ!」という方、ぜひコメント欄でシェアしておくんなさいまし♪

 

タメゴロー
タメゴロー

次回もまた、モア・ベターよ♪

 

あ、『JET STREAM』と双璧をなした音楽FM番組『クロスオーバーイレブン』は、下のリンク記事をどうぞです♪

 

NHK-FM【クロスオーバーイレブン-1】津嘉山正種のナレーションと音楽
【NHK-FM クロスオーバーイレブン】と【FM東京 JET STREAM】 私の場合、城達也さんの『JET STREAM』が「FM放送」と「エアチェック」入門になったわけなんですけどもね~。 しばらくして聴くようになっ...

 

 

◆ヤフオク【昭和レトロ】◆

タメゴローに励ましのコメントを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました