原田知世主演の昭和映画『時をかける少女』『私をスキーに連れてって』【1】

※画像はイメージです

『私をスキーに連れてって』が大ヒットだった昭和のあの頃!

冬がく~れば おもいだす~♪ってわけで、また思い出しました、なつかしもの。

 

冬が来れば思い出すもの、我々世代には、なんといっても

『私をスキーに連れてって』
じゃないですかね~。

 

これは、原田知世さん主演の、1987年の大ヒット映画でしたよね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

まさに、昭和も終わりに近づいてた頃だったんですね~。

 

ん~、まずその前に、同じく原田知世さん主演(デビュー作)

『時をかける少女』
がありました。

 

『時をかける少女』といえば、『時かけ』。

『時かけ』っていえば、「いま、何時(なんどき)でぃ?」。←違う。

 

『時かけ』が、1983年なんですね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

いや~まさしく、わが青春時代真っ盛り。レッツ・ビギン!ってとこじゃないでしょうか。←テキトー言ってます

 

 

『時をかける少女』は、原田知世のデビュー作!

『時かけ』は、あまり期待されてない映画だったところが、公開した途端に当時の若者(我々世代の男っすね)から絶大な支持を集めたようですね~。

絶大な支持って、わかるなあ~。

 

私もアイドルとか興味なかったんですけど、この映画は好きになりましたね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

原田知世さんが可愛いこと!

 

なんちゅうか、タイムスリップものの胸がキュンとなる(ダハハ)切なさや甘酸っぱさが、原田知世さんの初々しさとマッチして、これは名作映画になったんじゃないでしょうかね~、今にして思うと。

尾道の風景と相まって。

 

監督は、大林宣彦さんでしたね~。

 

原田知世さんは、当時10代でご本人が歌った主題歌を、10代の感性だからこそ歌えた曲、のようにとらえておられるようですけど、まさに、映画全体がそうだったかも知れないですね~。

 

タメゴロー
タメゴロー

私はもう当時20代でした~。当時10代だったら、『時をかける少女』の印象もまた違ったかもですね~。


タメゴローに励ましのコメントを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました